2015.05.17

150516-SIA評論:5月17日大阪都構想住民投票
2015年5月16日
橋下氏が政治生命を掛けて目指す、大阪都構想。幾層にも階層化され重複する地方自治組織のスリム化、効率化は喫緊の課題であり、私は全面的に大阪都構想に賛成である。然しながら、残念な事に投票権が無い。

地方議員、地方公務員、関係する業者、マスメディアも含め既得権益者が既得権遵守のため壮絶な戦いを繰り広げて来た。当初、構想を耳にした時、橋下氏の行動力、実務能力を持ってしても不可能であると危惧した。しかし、よくぞ、5月17日の住民投票まで推し進めて来たと感心している。一件中立を装う、マスメディアも自らの権益遵守となれば暴力団よりも阿漕である。まさに、彼等が好きな言葉を引用すれば「ペンは剣よりも強し」である。比較可能な情報を提供するのではなく、言葉により無知な庶民を欺く事が時には可能だからである。その一例が戦前戦後の豹変であり、ここ数十年に及ぶ従軍慰安婦問題であった。

既得権問題について、誰でもが目にし知らされていない具体例を述べる。国政選挙等で膨大な利益を得ているのは実は「マスメディア」である。国民は知らされていないが、法定選挙のため国費で賄われる国会議員選挙の候補者法定広告。実は現在の実勢広告料金からして馬鹿高い、桁違いの広告料金である。その実態を知れば国民は税金の無駄遣いとして声を大にして叫ぶ事は間違い無い。しかし、候補者も自分の腹を痛めないため沈黙し、新聞社、その傘下にあるテレビ、ラジオ、利害を共にする広告代理店、関係業者も沈黙のままである。

橋下氏批判の一例は、ちょうど2年前の、既に指摘済みの従軍慰安婦問題である。橋下氏の従軍慰安婦発言は歴史的事実、証拠を正しく捉えた理路、整然たる正論であった。しかし、その発言を朝日はもとより、毎日、東京・中日、その他各紙、各テレビも「皆で批判すれば怖くない」とばかり糾弾した。各紙、各テレビ局のコメンテーターの発言を今でも記録しているが、まさに馬鹿の饒舌であった。それに乗った政治家も多かった。その一人が「みんなの党」の渡辺喜美氏であり、維新とみんなの党の間で進んでいた話合いを、この発言を理由に拒絶した。そのみなの党は既に無く、渡辺喜美氏は、その父渡辺美智雄氏の築いて来た強力な地盤にもかかわらず、現在国会に席が無い。(参考情報、2013年5月14日SIA評論次頁参照)

橋下氏従軍慰安婦問題発言の批判の先頭に立った一社、朝日は1年3ヵ月後の2014年8月、三十数年に及び夥しい慰安婦捏造、誤報報道を謝罪した。この点では橋下氏発言を批判した毎日、東京・中日、その他各紙は朝日の影に隠れて沈黙を決め込んでいる様に思える。

この騒動で流された橋下批判の夥しい情報、橋下発言を曲解し無知な批判を垂れ流したマスコミには未だ反省の色は無い。こういったマスコミや、自民、共産といった理念も政治思想も投げ捨てた既得権遵守を目指す地元政治家の大同団結した妨害にもかかわらず、ここまで推し進めて来たのはひたすら、将来の大阪を思い、日本を思う大阪市民の良識にあった。

願わくは、5月17日の選挙に勝利し、明治維新を引き起こした長州、松下村塾同様、大阪の地で平成の維新を推し進めてもらいたい。その歴史を作るか否かは、今や橋下氏の手にあるのではなく、大阪市民の意志、良識の中にある。(佐々木 賢治)



2015.03.09

日経新聞3月9日夕刊、毎日新聞3月9日夕刊、11日朝刊掲載広告内容です。詳細は電話、または電子メールでお問合せ下さい。




2015.02.19


2月23日19-21時東京学士会館310会議室:東日本大震災、海からの救援活動
150218-SIA評論:NHK,その他日本のテレビ,新聞報道記事に付随する疑問と参考情報

2月17日送付しました第919回SIA国際フォーラム講演要約、「ISISとは何か、今後どうなるか?」へのご意見有難う御座います。好評と一部の質問に応え本日は2月18日SIA評論「NHK,その他日本のテレビ,新聞報道記事に付随する疑問と参考情報」を公開送付します。年度末迄後40日翻通訳、語学教育、海外ビジネスの相談は佐々木まで連絡下さい。

SIA公開講演会:2月23日19-21時
会場 東京 学士会館 310会議室
「東日本大震災、海からの救援活動」
講師:前海上自衛隊横須賀地方総監 高嶋博視氏
(東日本大震災での救援活動に従事)
会費:2千円 要予約

2月21日15時- SIA中級時事英語討論(受講生募集中)
Rich Porter's Enlglish Discussion
議題 Reasons Foreigners Wear Surgical Masks
**************




2015.02.17


第919回SIA国際フォーラム 要約:ISISとは何か、今後どうなるか?
昨日2月16日にはいろいろな思いがある。NHKが「イスラム国」との表現使用を停止した。既に我々がISISを「イスラム国」と表記するのは問題であるとの指摘通りの変化である。その他テレビ、新聞メディアはどうしているか? 

私事になるが2月16日は昨年お亡くなりになった私の先輩でもあり、長年SIAで英語学習を続けて戴き、医学論文等のお手伝いもさせて戴いた方の命日でもある。

その方にも評価戴いていたSIA国際フォーラム。毎週土曜日(13-14時半)開催して20年、公式記録だけでも既に九百回を越え、非公式を入れると千回を越えている。毎回世界各国の識者に英語で講演戴き、質疑する。2月14日第919回では「ISIS」を取上げたのでその要旨を参考に供します。

この国際フォーラムでは既に百数十カ国の人々が講演し、中東、アジア、アフリカの人々も多数講演している。当然イスラム教徒も百人を超える人々が講演している。このフォーラムをSIAでは多目的に利用している。国際コミュニケーション講座として語学教育(受講料3ヶ月税込64,800円)、SIAの世界情報収集分析、各専門分野の講演者源(依頼先への講演企画、講演者提供)、その他である。

日本のメディアの問題は多くの記者、社員を抱えているにも関わらず、日頃の情報の蓄積、専門家の養成が遅れている事である。この結果表面的報道と、専門知識に掛ける俄仕込みの評論家と解説の羅列となる。その典型的事例が数十年に渡り続いた従軍慰安婦問題の捏造、誤報であるが、今回のISIS問題についても同様な問題点が垣間見える。以下ご参考に願えれば幸いです。



2015.02.13

SIA英語学習法:各種試験の有効利用と各種試験の長短、及び実務能力、GMAT、GRE点数

2015年2月10日改定
費用対効果と生徒のやる気も考慮し、現在一般的に行なわれている英語の各種試験を利用し有効活用する指針です。この指針は述べ数千人に上る1994年以来の本校生徒の試験記録追跡調査に基きます。

英語の各種能力を満遍なく評価する試験として精度が高く信頼できるとSIAが評価するのはTOEFL、英検です。佐々木インターナショナルアカデミーの1994年以来20年を超える、4桁の受講生の記録に基く我々の記録では、TOEICは残念ながら英語力評価試験としての信頼度は落ちます。即ち実力と点数が必ずしも比例しません。その問題点は、特にリスニング部分にあります。更に問題なのは英語で自分の意見を披瀝する能力を評価する発言や文章作成といった試験が通常のTOEICには含まれていない事です。このためTOEICの高得点者でも実際には意思疎通が出来ない人が多く、更に緻密な議論や意思疎通能力については文語、口語を問わずこの試験では試されていませんので評価できません。

しかし、費用や受験のし易さ(会場や試験機会)、更には各種レベルの適切な能力評価も考慮する必要があり、その点では英検が一番勝り、TOEICが続きます。TOEFLは試験料金が高過ぎ、又受験可能な地域も大都市に限られ地方在住の方は遠隔地まで出掛けて受験する必要があります。

米国の大学院受験者用のGMAT、GRE、大学受験者用のSATは米国で学んだ人々を対象としていますので桁違いの読解力が必要です。GMATはビジネススクール用でGREは一般大学院用ですが、相対的にGMATの方が問題自体の難易度が高く論理的思考力や小学校の数学応用問題の様な思考力を試す問題、必要十分条件を尋ねる問題が多く出題されます。又論理的文章作成能力を問う筆記試験問題も出題されています。GREも同じ傾向にありますが、数学の問題は易しく、又思考力を試す知能テスト的な問題に特徴があります。

大学や大学院受験を目指す人々で志望校がSAT、GMAT、GREを要求している場合、どういった試験であるかを経験して置くと心構えや正しい勉強方法への理解や自覚が深まるのでレベルに関わらず一度受験する事は良い事です。しかし、例えばGMATで良い点を出したいならTOEFLのReadingのセクション(30点満点)で25点位は必要です。そうでないと余程数学で稼がないと点が出ません。

因みに25点は総合点100点相当(4部門平均して25点なら100点)で、このレベルは英検一級、TOEIC950点超の水準です。英語圏育の人々と競うには読解力、数学、思考論理能力が致命的に重要です。

論理的思考力のある人、小学校の算数応用問題に強い人は数学や論理的思考能力評価問題で高得点を出します。そういった方は読解力20点、総合点80点前後、更に総合点70点台でもGMAT、GRE、SATを問わず高得点を出す事が佐々木インターナショナルアカデミー生徒の20年の実績記録から証明され、またこういった人々は仕事、実務面でも高い能力があります。一見もっともらしいが無責任な理想論や空理空論からは何も生れません。理論、実践、追跡調査、再検証、改善が教育でも重要です。




PHOTO

RSS2.0

login

a-blog cms